山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.043】ペチュニア

2006.04.22

engei043-2ペチュニア

科名/ナス科

原産地/中南米〜メキシコ

 

春播きの一年草で、性質は強健、丈夫で作りやすい草花です。矮性(草丈があまり伸びない)で多花性、暑さに強く、花もよく咲き、開花期間も長いので夏の花壇に多く利用されています。カラフルな色分け品種が多くあり、鉢植えやプランター、バスケット植え、吊り鉢栽培に向いています。

 

《楽しみ方》

春〜秋にかけて長期間花を咲かせ、また株はどんどん大きくなるので花壇や大きめの鉢に植えつけると見事な株になります。「サフィニア」や「ブリエッタ」等の特に株の大きくなる品種はスタンドカップなどの鉢に植え付け、鉢からこぼれ落ちながら咲く姿を楽しむと良いでしょう。

 

《管理方法》

日当たりと排水のよい場所に植えつけてください。花期が長いので元肥を十分与え、植え付け後1ヶ月後からは草花用の追肥を与えるようにしてください。花茎が伸びて花数が減ってきたら株元から3分の1程度の長さで切り戻し、追肥を与えればまた新たな枝を伸ばし、こんもりとした形の美しい株姿で再び花を咲かせてくれます。