山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.040】オステオスペルマム

2006.03.25

engei040-3オステオスペルマム

科名/キク科

 

春から初夏にかけて、花径5cm内外の菊花状の花を次々に咲かせます。南アフリカ原産の丈夫な多年草で、西南暖地の海岸近くでは戸外で越冬し、1m四方に枝を伸ばし、カーペット状に開花します。比較的近年に日本に導入された草花ですが、開花期間が長く、次々に新品種が出回るため、新しい花鉢や花壇材料として人気を集めています。

 

《楽しみ方》

春先にポット苗を購入し、花壇やプランターに植え込んだり、寄せ植えにします。いずれの場合も日当たりが良いことが最も重要で、日光が不足すると極端に花付きが悪くなりますので注意してください。多くの花色があるので、色の取り合わせを考えながらコンテナガーデンを作ってみるのも楽しいでしょう。

 

《管理方法》

栽培場所としては、日当たりと排水のよい場所を好みます。開花中は肥料切れを起こさせないように月に1回程度肥料を与えてください。花がらをこまめに取り除き、水切れさせないよう注意してください。梅雨ごろになると花が止まるので、株を3分の1くらいまで切り詰め、半日陰の風通しの良い場所で夏越しさせてください。