山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.027】シンビジウム

2005.12.24

engei027-1シンビジウム

科名/ラン科

 

寒さに強く、一般家庭でも無加温で栽培できる洋ランがシンビジウムです。花期が長く、栽培のポイントをつかめば誰にでも花を咲かせられるので、広く親しまれています。この年末の時期はお歳暮の高級品として非常に人気があります。

 

《良い商品の選び方》

置き場所や品種にもよりますが、開花後も2ヶ月前後咲き続けますので、ある程度花が開いたものを選ぶとよいでしょう。つぼみが小さ過ぎると開花までに時間がかかり、咲かないまま黄変してしまうことがあります。また、あまり花を長く咲かせておくと株に負担がかかります。満開後、1〜2週間程度楽しんだら花茎の根元から切り取り、切り花として楽しまれるといいでしょう。

 

《管理方法》

あまり暖房の効いていない部屋の日当たりのよい窓辺などが適しています。暖房機の近くに置くと、湿度不足で花の老化が早く、観賞期間が短くなってしまいます。開花中は水を必要とします。1週間に1回程度でかまいませんが、冷たくない水を貯めたバケツの中に泡が出なくなるまでしっかり沈めて給水してあげてください。鉢の上から水を与えてもかまいませんが、鉢底から水が流れ出るようにたっぷり与えてください。また、給水は午前中に行うようにしてください。夜間に与えると深夜に水分が凍ったりして根を傷めることになりますので注意してください。