山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.005】斑入りフユサンゴ「スノーサンゴ」

2005.07.23

engei005-2斑入りフユサンゴ「スノーサンゴ」

科名/ナス科

 

別名をタマヤナギ、タマサンゴともいい、初夏から冬にかけて色鮮やかな可愛らしい実をつけます。実は白から黄色、黄色からオレンジ色へと変化し、見るものを楽しませてくれます。中でも葉に白い斑〈ふ〉の入る「スノーサンゴ」は近年作出された品種で、その葉模様が涼しげな印象を与えてくれる人気の植物です。

 

《楽しみ方》

3株を寄せ植えして、大株仕立てにすると見事です。また、同じナス科のゴシキトウガラシとの寄せ植えは同じような実の色の変化が楽しめるファンタジーいっばいのコンテナガーデンができあがります。

 

《管理方法》

日当たりのよい場所に植えつけるか、そのような場所で管理してください。日照不足だと花すら咲かなくなり、実を楽しむことができません。また、風通しのよい場所を好み、過湿は嫌います。水はけのよい用土で植えつけるようにしてください。長期間楽しめる植物ですので月に1度、花鉢用の肥料を株元に与えてください。