MENU

サイレント佐倉想と読み方にサクラソウ花言葉!本タイトルに話せない理由も【ドラマsilent】

フジテレビで10月から始まったドラマsilentですが、ツイッターでトレンド入りするなど注目が集まっているドラマになります!

本記事でご紹介するのはドラマに登場しているキャラクターの佐倉想になります!

今回は、木曜22時に放送されているドラマ、silent(サイレント)に登場する佐倉想の名前の読み方にサクラソウの花言葉と、佐倉が読んでいる本のタイトルに話せない理由をリサーチしてみようと思います。

目次

佐倉想の読み方

ドラマsilentは様々な考察がなされているドラマです!このドラマの中心人物である青羽紬と佐倉想。

佐倉想の読み方は「さくら そう」と読みますが、これは花のサクラソウを意味していると考察されています!

根拠となったのは青羽紬の誕生日である「4月28日」の誕生花がサクラソウだということです!

青羽紬の誕生日はドラマの中の手話のシーンでさりげなく公開となりましたが、ファンはその関連性を見抜いたようです!

佐倉想とサクラソウ花言葉

前項で佐倉想はサクラソウという花からきていることをご紹介しました!ここではサクラソウの花言葉について見てみようと思います!

・「少年時代の希望」
・「初恋」
・「淡い恋」
・「純潔」
・「あこがれ」
・「長続きする愛情」など

サクラソウの花言葉を見てみると、青羽紬と佐倉想の関係性にピッタリなものとなっていることが分かりますね!

ここからも脚本を手掛けた生方美久さんの凄さが分かると思います!

佐倉想が読んでいた本のタイトル

silentは注目を集めているドラマということで、ロケ地や登場人物の持ち物といった様々なものにも、ファンは興味を示しています!

ここでは佐倉想が読んでいた本をご紹介します!すでに特定されていてこの本は、若菜晃子さん著者「旅の断片」だとされています!

このドラマは作りこまれていて登場人物の名前やCDなど様々な考察がされていますが、もしかしたらこの本も何かにつながる物なのかもしれないですね!

佐倉想が話せない理由

佐倉想というキャラクターは高校までは普通の高校生として生活していますが、卒業する時期に耳の病気が出てきてしまい、その後聴力を失うという設定になっています!

そのため佐倉自身は話をすることはできます!2話までのエピソードでは、聴力を失った佐倉は手話やスマホなどでコミュニケーションをとっていて声を発していませんでした!

3話に入り家族の前では声を出していることが判明し、妹の萌とのやりとりでしゃべっています!

佐倉が家族以外の人に対して話さない理由は、3話終了時点では語られていませんが、アクセントや声量がどう聞こえるのかわからず不安になっていて、それがコンプレックスになっているのかもしれないですね!

まとめ

今回は、注目度の高いドラマ『silent』に登場する佐倉想に関連するトピックを見てきましたが、いかがだったでしょうか?佐倉について分かったことをまとめてみると、

・佐倉想の読み方は(さくら そう)
・花言葉もキャラクターの関係性にマッチしたものとなっている
・佐倉が読んでいるのは「旅の断片
・佐倉想は家族の前では話している(3話終了の時点)

以上の結果になりました!ここまでお読みいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次