MENU

ヴィニシウスジュニオール選手のプレースタイルや年齢身長経歴!年俸移籍にスパイク【ビニシウス】

本記事はカタールワールドカップの主役候補の一人であるブラジル代表ヴィニシウスジュニオール選手について取り上げていきます。この記事を読むとワールドカップでヴィニシウスジュニオール選手が見たくなる情報を紹介しますので是非お読みいただければと思います!!

目次

ヴィニシウスジュニオールのプロフィール・経歴

ヴィニシウスジュニオール選手プロフィール

名前:ヴィニシウス・ジョゼ・パイション・デ・オリヴェイラ・ジュニオール
国籍:ブラジル・スペイン ※サッカーブラジル代表選手
生年月日:2000年7月12日 (22歳)
ポジション:LWG
所属経歴:フラメンゴu-20(レアルマドリードでの背番号)
身長・体重:176cm 62kg

ヴィニシウスジュニオール選手はブラジル国内リーグの名門チームのフラメンゴで弱冠17歳ながらプロデビューを果たしていて1シーズン半フラメンゴでプレーし公式戦37試合に出場して7試合4ゴールの結果を残しています。

ブラジル国内でのプレーをしてた際には圧巻の結果を同時期に召集されていたブラジルのu17代表で残していて19試合出場し17ゴールを奪うという脅威的な数字を残していて世代別代表の中心選手として活躍。

このようなブラジルでの活躍をレアル・マドリードが目をつけて獲得のオファーフラメンゴ及びヴィニシウスジュニオール選手に要請して移籍が晴れて成立しました。

入団当初はレアル・マドリードのレギュラー争いに苦戦してなかなか出場機会に恵まれなかったり途中出場が多かったりしましたが21/22年シーズンに完全レギュラーを掴み大ブレイク。公式戦52試合で22ゴール20アシストという脅威的な数字を残し一気に世界最高峰の選手は上り詰めました。

このシーズンのCL決勝ではヴィニシウスジュニオール選手の決勝点でリヴァプールを1-0と下して優勝を果たしています。

ヴィニシウスジュニオールの年齢・身長

ヴィニシウスジュニオール選手の身長は176cmとサッカー選手としては小柄な部類に入ります。ただ、プレーのスケールは身長と大違いでかなり大きく屈強で大きいDF陣を得意なドリブルでスルスルと抜いてってしまう姿は圧巻の一言です。

日本人も世界的にみた時にヴィニシウスジュニオール選手のような身長の選手も少なくなくて小柄な民族ですから日本代表でヴィニシウスジュニオール選手のようなドリブラーが見れる未来がそう遠くない未来に見れるかもしれませんね。

日本のプロを目指す子どもたちにはぜひヴィニシウスジュニオール選手のドリブルを参考に今からでも練習を積み重ねてほしいです!

生年月日は2000年生まれの7月12日生まれ22歳と非常に若い選手です。(記事執筆時2022年俸10月現在)2

22歳現在でこれだけの選手ということはまだまだサッカー選手として成長すると思いますのでこれからも彼のプレーが長く見れそうですね!ヴィニシウスジュニオール選手には怪我だけには気をつけて長くプレーし我々サッカーファンにできるだけ長くプレーを見せてほしいものです。

ヴィニシウスジュニオールのプレースタイル

ヴィニシウスジュニオール選手の特徴は何といってもドリブル突破にあります。ヴィニシウスジュニオール選手は左ウィングを主戦場に持ち前のスピードと切れのある俊敏性や切り返し(アジリティ)で相手を翻弄して一人で複数人のDFを抜き去ってしまいます。

多くの相手チームはヴィニシウスジュニオール選手対策として複数人のDFを彼のいるポジションに置くのですがヴィニシウスジュニオール選手はその牙城を1人でこじ開けてしまうことも多々あります。

また上記の能力を持っていることに加えてドリブル中にスピードが上がっている際にもよく顔が上がっている為、味方の選手を簡単に使い連携で相手DFを突破してしまう術も持っていて彼を止めるのは世界最高峰の選手達でも難しいものです。

特に所属するレアルマドリードのチームメイトのベンゼマ選手との相性が抜群でお互いがお互いを生かし生かしあい彼らを止めるのは至難の業となっています。実際にレアルマドリードはこの二人が大半の得点に絡みCLやリーグ戦のタイトルを多く獲得しています。

ヴィニシウスジュニオールの年俸・移籍金

ヴィニシウスジュニオール選手はフラメンゴからレアル・マドリードに移籍する際にレアル・マドリードが移籍金としてフラメンゴに4500万ユーロの移籍金を支払っておりこの額は日本円でおおよそ記事執筆時のレートで約65億円でした。

これは前述してる通りレアル・マドリードからフラメンゴに支払われた金額でヴィニシウスジュニオール選手に支払われた金額ではなくヴィニシウスジュニオール選手のレアル・マドリードから支払われる年俸は契約当時はおおよそ約4億円の契約だと推定されていました。

その後ヴィニシウスジュニオール選手はレアル・マドリードで大ブレイク。ヴィニシウスジュニオール選手は2022年にレアル・マドリードとの新契約に合意して署名をし、年俸約14億円と推定されていてなんと驚きなのはヴィニシウスジュニオール選手が契約期間内に他クラブへ移籍する場合に発生する違約金は推定約1400億円という金額となっています。

これはそれだけレアル・マドリードがヴィニシウスジュニオール選手の活躍を評価し重要な選手として考えている証拠ですね。

ヴィニシウスジュニオールのスパイク

ヴィニシウスジュニオール選手は大手スポーツ用品メーカーのナイキと専属契約を果たしておりスパイクやウェアなどナイキのものを着用して広告塔としても活躍しています。スパイクもナイキ社のもので種類はマーキュリアル・ヴェイパー・エリート14を履いてプレーしています。(記事執筆時2022年10月時点)

このマーキュリアル・ヴェイパー・エリート14軽量性や反発性に優れていてヴィニシウスジュニオール選手のようなスピードやキレで勝負するタイプの選手には適切なスパイクとなっています。日本でも大変人気のあるスパイクの1つで過去には日本代表の長友佑都選手も着用していたこともあるスパイクです。

スパイクはサッカー選手にとって相棒のような存在で商売道具ですので非常に重要な存在になります。そんな中でスパイクもヴィニシウスジュニオール選手のような選手に履かれると嬉しいかもしれないですね。

ヴィニシウスジュニオール選手は少年時代を貧困なエリアで過ごし当時はスパイクも購入できないような貧困だったそうです。そのような少年が自身で努力をして現在ここまで上り詰めてスパイクも提供してもらい世界的クラブのレアル・マドリードで活躍しスターになれるなんてサッカーには夢がありますね。

まとめ

今回はブラジル代表・レアルマドリードでプレーするヴィニシウスジュニオール選手について紹介しました。

ヴィニシウスジュニオール選手は既に世界のトップ選手として多くのサッカーファンに名前を知られており既に若くしてCLやリーグ・カップ戦のタイトルを獲得していて残りはワールドカップのタイトルのみがターゲットになるかと思います。

カタールワールドカップではどんなプレーを見せてくれるのか非常に楽しみですね。筆者個人的には近い将来のバロンドール受賞にも期待しています!!

本記事を読んでいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次