MENU

ハンジフリック監督の経歴身長年齢プロフィール!バイエルンフォーメーションメンバー【ハンス=ディーター・フリック】

カタールワールドカップで日本代表の運命の初戦の相手ドイツ代表監督を務めるのはハンジフリック監督です。彼は指導者としての実績は抜群であり、その実績に伴う指導者としての実力もとてつもないものがあります。

今回はそんな世界の名将ハンジフリック監督について紹介します。本記事を読んでいただき彼について深く知り日本代表対ドイツ代表の試合をさらに面白く見れるようになれば幸いです。

目次

ハンジフリック監督のプロフィール・経歴

ハンジフリック監督はドイツ国籍の元サッカー選手及びサッカー指導者です。選手時代にはドイツの世代別代表にも選ばれていたり国内の名門クラブのバイエルンミュンヘンにも所属していて合計ブンデスリーガで148試合に出場するほどの名選手でした。ポジションは守備的MFです。

引退後は指導者の道へ進みドイツ国内リーグのチームやオーストリアの名門ザルツブルグのコーチを務めた後ドイツ代表のコーチ・スポーツダイレクターを長年務めワールドカップブラジル大会では優勝を経験しています。

その後はホッフェンハイムでスポーツダイレクターを務めた後バイエルンミュンヘンの監督・コーチを歴任し現在のドイツ代表監督に就任しました。


指導者としての一番の彼の実績はバイエルンミュンヘンの監督を務めていた際に獲得した年間6冠でこれはサッカー史上2クラブ目です。(6冠内訳 国内リーグ・カップ・スーパーカップ、CL、UEFAカップ、クラブW杯)

ハンジフリック監督はスポーツダイレクター・監督・アシスタントコーチの幅広い役職の経験の持ち主でありそれぞれの役職でタイトルを獲得した経験の持ち主です。色々な角度からチームを見てきた経験に加えて成功体験があるなんてかなり最強なのではないでしょうか?

特に今回のワールドカップではドイツ代表でのW杯優勝を経験をカタール大会にも生かしてくることでしょう。

ハンジフリック監督の年齢身長

ハンジフリック監督の生年月日は1965年2月24日生まれの57歳です。(※記事執筆中である2022年10月現在)身長は177㎝であり身長の高い傾向にあるゲルマン民族の中では比較的小柄なサイズです。

ただ、彼の監督としてのキャパシティはかなり大きくてドイツ代表選手からの彼への信頼はその人間としてのキャパシティからとてつもなく高いです

その理由としては、ハンジフリック監督はチームマネジメントの一環として選手とよく話をするタイプの監督であり戦術面やコンディション面のことなど頻繁に選手たちと話をするために電話をかけたりしているそうです。

このことから選手たちはハンジフリック監督に話がしやすくなっておりチーム内での風通しが以前よりもよくなっている傾向だそうです。サッカーはチームスポーツですし戦術云々の前に信頼がないとうまくいくスポーツではないのをよく理解しているのですね。

代表監督という立場でもあるにかかわらず選手一人一人を大切に思い自分の意見に耳を傾けてくれる監督がいたら信頼ができますし監督についていこうという気持ちに選手からしたらなりますよね。彼の監督としての輝かしい結果は戦術面だけではなくこのようなところからも来ているのかもしれませんね。

ハンジフリック監督のバイエルン監督時代のフォーメーション

ハンジフリック監督がバイエルンミュンヘンの監督を務めていた時代のバイエルンミュンヘンは筆者の意見としては以前同じくバイエルンミュンヘンを率いていて数々のタイトルをチームにもたらしたグアルディオラ元監督時代のバイエルンミュンヘンと並んで最強チームだと思っています。

前述した通りハンジフリック監督体制は2年間と短い期間でしたが年内6冠という圧倒的な成果を出してバイエルンミュンヘンをまた1つ次のステップに上らせたといっても間違いではありません

ハンジフリック体制でのバイエルンミュンヘンは基本フォーメーションを4-1-2-3と設定していて中でも現ドイツ代表でも中心選手のヨシュア・キミッヒ・ゴレヅカとスペイン代表で現在リヴァプール所属のチアゴで構成する連携抜群の中盤は試合を常にコントロールして多くの試合で勝利をつかみ取ってきました。

他にもGKには世界最高峰GKのノイアーが君臨してましたしFWには点取り屋という言葉がぴったり当てはまるレヴァンドフスキー各ポジションが最高レベルの選手達で構成されていてまさに穴が全くないチームでした。

ハンジフリック監督のバイエルン監督時代のメンバー

ハンジフリックバイエルンミュンヘンで監督を務めていた時代のメンバーはまさにバイエルンミュンヘンにとって黄金のメンバーと言える陣容で国内外を問わずまさに敵なしという状態でした。それは年内6冠という圧倒的な結果にも表れています。

その圧倒的なメンバーの大多数は国内のローカル選手でありそのローカル選手の多くが現在のハンジフリック体制のドイツ代表の主要メンバーとして活躍しています。

その中でも中盤の一番低い位置やサイドバックまで器用にこなすヨシュア・キミッヒ選手はチームの中心選手で技術が高いうえに戦術眼が非常に高くその時々に必要なプレーを選択できるまさにフィールド上の監督のような選手です。

ハンジフリック監督もこのヨシュア・キミッヒ選手には絶大な信頼を置いていてその戦術眼の高さから将来のドイツ代表監督に現段階から推しているというほどです。日本代表が戦う時もヨシュア・キミッヒ選手には注意しなければなりませんね。

まとめ

今回はハンジフリック監督のプロフィールやバイエルンミュンヘン監督時代の情報を中心にまとめて紹介させていただきました。

彼の指導者キャリアは間違いなく世界有数の輝かしいものであるのは誰が見ても明らかですね!!ハンジフリックにとって監督として手にしていない主要タイトルはワールドカップのみでしょう。カタールW杯ではぜひ選手だけではなくハンジフリックという名将にも注目してみてくださいね!!

本記事を読んでいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次