MENU

ワールドカップ2022日本対スペインはいつで放送時間日程!注目選手に見どころ【サッカーカタールW杯】

サッカー日本代表は、カタールW杯グループステージ最終戦でW杯優勝経験国で今大会優勝候補のスペイン代表と対戦します。

今大会優勝候補でもありメンバーリストには世界的なスター選手がずらりと並びます。日本のグループステージ最大の難敵となりそうですね!今回はそんなサッカースペイン代表について紹介していきます。

目次

日本対スペインの放送時間はいつ?

優勝候補スペイン代表との第3戦は日本時間2022年12月2日(金)となっています。試合はフジテレビABEMA TVで放送されることが決定しています。なお、今大会はフジテレビで10試合、ABEMA TVでは全64試合を無料で生中継されることが決定しています!!

世界最高峰のプレーがみられるW杯をテレビ放送でフジテレビがネット放送でABEMA TVが放送してくれるため視聴方法が豊でありがたいですよね!!みんなで日本代表を応援しましょう!!

日本対スペインの日本時間と放送時間

グループステージ第3戦 日本対スペインは日本時間午前4時、現地時間午後10時となっています。現地時間でキックオフの時間が午後10時からというのは滅多にないですよね。ただ、このキックオフ時間は現地の方々からすると珍しくない時間なんです。カタールはアジアの中東エリアにある国で1年中日本夏同等かそれ以上の気温が続きます。

今大会ではW杯のためにクーラー付きのスタジアムを作成して選手や観客たちは暑さに問題はない予定ですが、クーラー付きのスタジアム作成以前は、サッカー等の屋外スポーツの試合や練習等の開始時間を気温が下がる夜の時間帯にすることにより対策していました。それなので現地の方々から夜の遅い時間帯の開催は普通のことなんですね。

開催国やエリアによって様々な気候や文化があって面白いですね。選手たちはそのようなサッカー以外での変化にも対応しなければならないのですね。このようなことを言い訳しないで普段から取り組んでいる選手達を私は尊敬しちゃいます!!

スペイン代表の注目選手

スペイン代表は世界でもトップクラスの選手たちを揃えるまさにスター軍団です。選手の構成は主にこちらも世界最高峰のリーグのラ・リーガ(スペイン国内リーグ)でプレーする選手たちが中心の構成となっています。中でも世界的なビッグクラブFCバルセロナとレアルマドリード所属の選手たちが中核を担っています。

今回はそんなスター軍団の中でもチームの中心選手を2名ご紹介します。


スペイン代表注目選手その1

名前 ペドリ
生年月日 2022年11月25日
身長 174㎝ 
ポジション MF
所属クラブ FCバルセロナ

まず最初にご紹介するのはペドリです。ペドリのプレーは記憶に新しい東京オリンピックで見たという方も多いかと思います。ペドリは絶妙なポジショニングで相手のディフェンスとディフェンスの間でボールを受けるのが非常に得意な選手です。

体格は小柄ながら技術は超一級品でありボールが足に吸い付いているように見えてしまいます。また、視野の広さや戦術眼も非常に優れている選手であり、年齢には似合わない非常に落ち着きのあるプレーが持ち味の選手です。日本代表は彼から繰り出されるラストパスや時には自らが抜け出してゴールを決める彼に最大の注意を払うべきです。


注目選手2

名前 セルジオ・ブスケツ
生年月日 1988年7月16日
身長 189㎝
ポジション MF
所属クラブ FCバルセロナ

注目選手二人目はチームのキャプテンでもあるセルジオ・ブスケツ選手です。彼のチームでの役割はボール保持の際には攻撃と守備の繋げ役を担い守備時にはボールを刈り取るアンカーとよばれるポジションです。彼はまさにチームの心臓であり彼の働きがチームのパフォーマンスを大きく左右します。

彼も非常に技術が高く背中に目がついているかのようなプレーを披露します。サッカーにおいて後方からボールを止めながら前向きになるターンという技術が彼はトップクラスにうまいです。

ターンは言葉にするのは簡単ですがボールを止めながら反転して体の向きを変えなければならないことに加え、事前に周りの状況を把握しなければならない高等技術です。

このターンをしている状況下で相手のディフェンダーはボールを奪いに来るので相手から目を離しているターンの最中はボールを奪う絶好機となるのですがブスケツ選手のターンは逆でターンをうまく活用して相手の逆を取ってしまいます。

ブスケツ選手は技術・戦術眼が非常に高く彼のプレーで局面を変えることができる選手です。

日本対スペインの見どころ

グループステージ第3戦で対戦するスペイン戦ですが注目ポイントは3つあります。

1つ目はスペインのパスサッカーに日本がどう対応するかです。本来であれば日本代表も自分たちでボールを保持するのが本望ですがこの試合はスペイン代表がボールを握る時間が多いことが予想されます。森保監督がどのような戦術を用いてスペインの圧倒的なパスサッカーに対応するのか注目です。

2つ目は東京五輪を経験した選手たちがどのようなプレーを見せてくれるかです。実は東京五輪メンバーと森保監督は2回スペイン代表と対戦した経験があり、スペイン代表にはその時のメンバーが多く今大会にも招集されることが予想されます。この2試合で東京五輪代表は1分け1敗と悔しい結果となっています。

特に2戦目のメダルをかけた東京五輪準決勝では延長戦の末に0対1と敗戦しており、選手達には強いリベンジの気持ちがあると思います。また、いずれの試合もスペイン代表が終始ボールを支配して、東京五輪代表は守備に走らされ試合終盤には足が疲労で止まってしまいました。



この対戦経験を生かして日本代表には3度目の正直としてリベンジを果たしてほしいですね!!

3つ目は両チームのメンバー編成です。グループステージ3戦目は各チーム状況によっては決勝トーナメント進出の可否が決まっていたりすることもあるので、もし両チーム又は片方のチームがグループステージ突破を決めていた場合、突破を決めているチームは大幅なメンバー変更が予想されます。

これは、決勝トーナメントの戦いを見据えたことであり、1試合の強度が高くてプレッシャーが重くのしかかるW杯の1試合での疲労度は半端ではないもの故にです。突破が決まっている状況で選手を休ませるのは当然ですね。これらのことから両チームの状況によってのメンバー編成も試合の展開を大きく左右します。

今回はペドリ選手とセルジオ・ブスケツ選手を注目選手として取り上げましたぜひ注目してみてください!!

まとめ

今回は日本代表のワールドカップ第3戦目の対戦国であるスペイン代表戦について紹介しました。注目の一戦は日本時間2022年12月2日(金)午前4時にキックオフとなります。我らが日本代表が優勝候補でありスター軍団スペイン代表に対してどのような戦いを見せてくれるのか非常に楽しみですね!!

森保監督が公言しているベスト8以上に向けて落とせない1戦になることは間違いないので皆さんで日本代表を応援しましょう!!

本記事を読んでいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次