MENU

矢澤宏太の父親に藤嶺藤沢高校で中学校!町田シニア出身で甲子園最高成績は?【ドラフト会議2022】

プロ野球ドラフト会議の季節がやってきました!気になる開催日時は2022年10月20日(木)17:00開始予定となっています!

北海道日本ハムファイターズはすでに1位指名の選手を発表し注目が集まっています!今回指名されるということで注目を集めたのは、矢澤宏太選手になります!

そこで今回は、ドラフト会議2022で話題になっている矢澤宏太選手の父親に藤嶺藤沢高校や出身中学校と町田シニア出身、甲子園出場や最高成績についてリサーチしてみようと思います。

目次

矢澤宏太の父親

矢澤宏太選手の父親は矢澤明夫さんという名前であることが分かっています!

他に明夫さんについて判明していることは、59歳という年齢で他界されたことです!矢澤選手が、高校3年生の時2018年12月13日に自宅で心臓発作を起こされたそうで、お亡くなりになったとされています!

お父さんは息子さんの宏太選手がプロ入りすることを望んでいたそうです!高校卒業の時は、プロ入りができませんでしたが、今回はドラフト1位指名の報道もされていますから、天国のお父さんにいい報告となりそうですね!

矢澤宏太の藤嶺藤沢高校時代

矢澤宏太選手は神奈川県にある藤嶺藤沢高校に進学しています!1年生の夏からベンチ入りしていた矢澤選手はその年の秋からエースとして登板するようになり、投手と外野手の二刀流として活躍を見せています!

球速のMAXスピードはストレートで149km/h、高校通算の本塁打は32本という記録が残っています!

そんな活躍を見せていた矢澤選手はプロ志望届を出しますが、2018年のドラフト会議では指名が入らず日本体育へ進学しています!

矢澤宏太の中学校と町田シニア

矢澤宏太選手は、野球を5歳の頃から始めたとされていて、彼の地元である町田リトルでプレイしていたようです!

小学校は町田市立山崎小学校に通っていたようですが、野球は別のところでやっていたということですね!

その後矢澤選手は町田市立忠生中学校に進学していますが、こちらも部活動で野球をするのではなく硬式野球チームの町田シニアでプレイしていたようです!

矢澤選手は投手兼外野手として関東大会に出場の経験もあるようですよ!このころから二刀流で活躍していたようですね!

矢澤宏太の甲子園出場や最高成績は?

矢澤宏太選手には甲子園に出場したという経験はありません!矢澤選手の在籍していた藤嶺藤沢高校の1年次の結果は、4回戦で鎌倉学園に3-4で敗退となっています!

2年生の時には1回戦で桜丘を相手に5-8で敗退となっています!3年生の時は第100回大会ということで、南神奈川に地区割りされ横浜創学館を相手に延長戦の末6-12でやぶれています!

この時が最高成績で、神奈川県大会ベスト8という結果となっています!

まとめ

今回は、ドラフト会議で注目を集めている矢澤宏太選手にまつわるトピックを見てきましたが、いかがだったでしょうか?矢澤選手について分かったことをまとめてみると、

・お父さんは明夫さんで59歳の年齢で亡くなっている
・藤嶺藤沢高校では投打で活躍していた
・出身中学は町田市立忠生中学校、部活ではなく町田シニアで野球をしていた
甲子園大会に出場していない、神奈川県大会ベスト8が矢澤選手の最高成績

以上になります!ここまでお読みいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次