MENU

近石真介の近況は死亡で死因は老衰!今現在や病気はしていなかった?【初代マスオさん役声優】

国民的アニメサザエさん初代・フグ田マスオの声を務めた声優の近石真介さんが10月5日に老衰のため91歳でお亡くなりになったことが所属事務所である株式会社ムーブマンの発表でわかりました。近石さんは、日本テレビ系はじめてのおつかいのナレーションや洋画の吹き替えでも活躍し、人気を博しました。

今回は、近石真介さんの近況や死亡、死因は老衰、今現在や病気はしていなかったことについてリサーチしました。

目次

近石真介が死去

10月5日、声優の近石真介さんが91歳でお亡くなりになったことが所属事務所である株式会社ムーブマンの発表でわかりました。

近石さんは、国民的アニメサザエさん初代・フグ田マスオの声を担当し、その他、日本テレビ系はじめてのおつかいナレーションや洋画の吹き替えでも活躍し、ラジオ番組こんちワ近石真介ですでも人気を博しました。

近石真介の死因は老衰

近石真介さんの死因は、所属事務所の発表によりますと老衰とされています。近石さんは10月5日に眠るように息を引き取ったということです。また、近石さんの所属事務所は、葬儀・告別式について、親族・近親のみで済ませたとのことです。

現在も放送されている長寿アニメや番組を担当されていたとなると、近石さんの声を耳にしたことがある人も多いかと思いますので、近石さんの訃報には多くの人が悲しんでいます。

近石真介の近況は?

声優として、アニメやナレーション、数多く洋画の吹き替えを担当してきた近石真介さん。

近年では、1971年から人気を博したラジオ番組『こんちワ近石真介です』時代から約49年続いたはがきでこんにちはパーソナリティを2020年9月25日の放送回を最後に勇退されております。

そして、こんちワ近石真介ですではギャラクシー賞を受賞されました。

近石真介の病気は死因に関係なし?

近石真介さんの死因は病気に関係しているのではないかとネット上で噂されているようですが、信憑性はないようです。

関係者によると、近石さんは高齢を理由に最後のラジオ番組【はがきでこんにちは】を終了させているようで、大病などはしておらず、自宅で眠るように静かに亡くなったとのことです。

どうやら大病などはないということなので、死因は病気ではなく、老衰のようです。

まとめ

今回は、老衰のため10月5日にお亡くなりになった、声優の近石真介さんについてご紹介してきました。

近石さんは、人気テレビアニメサザエさん初代マスオ役を10年間務め、長寿番組はじめてのおつかいナレーションを担当してきました。その他にも数多くの洋画の吹き替えも担当されており、まさに声優界のレジェンドと言えます。

死因は病気ではなく、老衰と所属事務所が発表しております。声優として活躍されてきた近石さんのご冥福をお祈りいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次