MENU

岸田翔太郎の結婚妻嫁に大学高校!三井物産所属のバドミントン選手?【岸田文雄長男首相秘書官】

岸田文雄首相自身の長男で現在、岸田事務所で公設秘書を務めている岸田翔太郎氏を首相秘書官に任命する方針を固めました。9月4日にも発令するとみられており、現在、首相秘書官の嶋田隆氏と岸田翔太郎氏の2人体制になると思われます。

そこで今回は、岸田文雄首相の長男である岸田翔太郎氏の結婚や妻嫁に大学と高校、三井物産所属のバドミントン選手についてご紹介していきます。

目次

岸田文雄が首相秘書官に長男を指名

岸田文雄首相は9月4日に自身の長男でもある岸田翔太郎氏を首相秘書官とすることを決めました。

理由については首相官邸内の人事の活性化と岸田事務所との連携強化のためと説明している岸田首相ですが、翔太郎氏は現在、岸田事務所で公設秘書を務めており、岸田首相の後継者として政治経験を積ませるためでもあるのではないかと思われております。

今まで、首相秘書官を務めてきた山本高義氏は辞職し現在、秘書官である嶋田隆秘氏とともに翔太郎氏の2人体制で首相秘書官を務めていくようです。

岸田翔太郎の結婚の妻嫁

現在31歳である岸田翔太郎氏に関して結婚しているのかリサーチしましたが、結婚している確かな情報はありませんでした。

結婚しているのではという噂も以前あったようですが、根拠のない噂だったようです。現在、彼女がいるというわけでもないようです。

もしお相手がいれば、翔太郎氏の年齢的にそろそろ結婚も意識されているかもしれないですね。

岸田翔太郎の高校大学

広島県出身である岸田翔太郎氏。

出身高校は地元にある修道高等学校です。同高校は中高一貫教育であり私立の男子校です。私立で藩校を起源とする数少ない学校で、国内屈指の歴史をもつ学校のようです。

高校を卒業後は、東京都にある慶應義塾大学の法学部政治学科に進学されております。言わずと知れた名門大学ですよね。
法学部政治学科は世界の政治や行政、政策を学ぶ学科であるため翔太郎氏はやはり、学生時代から政治家に進む道を視野に入れていたかもしれませんね。

岸田翔太郎は三井物産所属のバドミントン選手だった?

岸田翔太郎氏は、慶應義塾大学を卒業後、三井物産に入社し勤務していたのではないかと言われております。

その噂元となったのが、2017年7月に開催された千代田区バドミントンチーム戦大会出場チームであった三井物産の選手リストに岸田翔太郎氏の名前が記載されていたということからです。

そして、翔太郎氏は慶應義塾大学在学時にKBF(慶應バドミントン同好会バードフェローズ)に所属しており、20歳の時に出場した神奈川県綾瀬市のバドミントン大会ではダブルスで優勝した実績の持ち主のようです。

その後、三井物産勤務を経て、岸田事務所で公設秘書を務めていらっしゃいました。

まとめ

今回は、岸田文雄首相長男であり、首相秘書官に任命された岸田翔太郎氏についてご紹介してきました。

輝かしい学歴をもっている翔太郎氏。大学卒業後は三井物産に勤務しバドミントンが得意という意外な一面が明らかになりましたね。

これからは岸田首相のお側で、秘書官を務めながら、岸田首相の後継者として経験を積まれていくのかもしれませんね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次