MENU

及川瑞基の彼女結婚や鹿児島所属はなぜ?筋肉や出身は宮城県【卓球】

現在、中国にて世界卓球2022が開催されています。及川瑞基(おいかわ みずき)さんは、日本代表選手の一員です。4年ぶりの団体戦が行われている今大会、日本は4連勝を達成しグループリーグ突破を決めています。

香港戦では、及川さんの逆転が日本の勝利につながりました。今回は、及川瑞基の彼女結婚や鹿児島所属はなぜ?筋肉や出身は宮城県といった気になる情報を紹介します。

目次

及川瑞基の彼女や結婚

及川さんは現在25歳で、Tリーグ 木下マイスター東京に所属しています。5歳から卓球を始め、競技一筋の及川さんですが彼女がいるのか、結婚されているのか気になりますよね。

調べたところ彼女や結婚に関する情報は見つかりませんでした。やはり卓球が中心の生活を送っていると考えられます。大学卒業後は4年間ドイツのブンデスリーガで競技をされていました。海外での恋はあったかも知れませんね。

及川瑞基の鹿児島所属はなぜ?

及川さんは宮城県黒川郡で生まれました。現在は木下マイスター東京に所属していますが、試合などでの及川瑞基(木下グループ・鹿児島県)という表記が気になった方もいるのではないでしょうか。

卓球では在住している県ではなく、登録地が表示されます。及川さんが鹿児島県で登録されている理由については公開されていませんが、2020年に開催が予定されていた鹿児島国体に出場するためではないかといわれています。2020年大会に関しては、2023年に振り替えて特別大会が実施される予定ですので、鹿児島代表としての出場が期待されます。

及川瑞基の筋肉

あまり筋肉を使うイメージのない卓球ですが、体幹や下半身の筋肉が重要だと言われています。及川さんも足にゴムバンドをはめてトレーニングしている姿が見られています。

また腕にも大きな負荷がかかるため、卓球選手は利き腕の筋肉が発達するようです。

及川瑞基の出身は宮城県

及川さんは、宮城県黒川郡大和町の出身です。姉の影響で5歳から卓球を始めました。所属していたのは「仙台ジュニア」です。このチームは張本智知さんの両親が監督を務めていることでも有名です。

地元で頭角を表した及川さんは、青森山田中学からスカウトを受け進学します。中学生で地元を離れ、卓球に専念していたのですね。青森山田中学校・高校は水谷隼さんの出身校でもあります。

まとめ

・彼女や結婚の情報なし
・鹿児島県で選手登録
・下半身のトレーニングを行っている
・宮城県出身

今回は、卓球 及川瑞基の彼女結婚や鹿児島所属はなぜ?筋肉や出身は宮城県といった気になる情報を紹介しました。

世界卓球では4年ぶりの団体戦が行われており、決勝トーナメントへの進出を決めています。決勝トーナメントでは今以上に接戦した試合が期待されています。及川さんの活躍にも期待が集まっています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次