MENU

戸上隼輔の身長年齢と野田学園中学高校に明治大学!ラケットラバー用具にサーブも【卓球】

2022年9月30日 (金) 〜 10月9日 (日) にかけて開催される世界卓球2022。10月2日の大会3日目に男子団体グループリーグ第2戦で世界ランク3位である日本はルーマニアに見事勝利しました。そして、日本の勝利に貢献した男子日本代表戸上隼輔選手。

今回は、戸上隼輔選手の身長に年齢と野田学園中学校・高校に明治大学、ラケットやラバーと用具にサーブについてご紹介していきます。

目次

戸上隼輔の身長年齢

戸上隼輔選手の身長は170㎝です。身長がすごい高いというわけではない思いますが、普段からきついトレーニングを積んでいると思うので、筋肉量が一般人よりもすごそうですよね。

また、卓球は身長が高いから有利ということは特になく、平均的な身長の方が戦いやすいみたいです。戸上選手も自身の身長に合わせた戦術や対策を取っているのではないでしょうか。

そして、戸上隼輔選手は、2001年8月24日生まれ現在21歳という若さで、インターハイ2連覇、全日本ジュニア優勝とジュニア世代のタイトルを総なめにしてきている実績の持ち主でもあります。

世界を相手に戦う戸上隼輔選手の姿を見るのも楽しみですね!

戸上隼輔の小学校中学高校大学

三重県津市出身の戸上隼輔選手は、2人の兄の影響で、3歳の時から卓球を始め、地元の津市立修成小学校へ入学いたしました。

地元の卓球クラブチーム・松生卓球道場で練習を積み重ね、小学6年生の時には全国大会準優勝を果たし、全国で名前が知られることになった戸上選手の元には、多くの強豪校である中学校からスカウトがありましたが、地元の津市立橋南中学校へ入学しました。

しかし、中学1年生で出場した全国中学校体育大会で負けたことを理由に、卓球のレベルアップを考え、中学2年生の9月に山口県の卓球強豪校である野田学園中学校に転校することを決意しました。戸上選手は転校後、寮住まいとなり卓球の腕を磨かきます。

中学校卒業後は、山口県の野田学園高等学校に進学し、卓球部に入部した戸上選手はエース選手とされ、インターハイでは男子シングルス2連覇、全日本ジュニア優勝、世界ジュニア3位と国内外でも凄い成績を残していました。

高校で輝かしい成績を残した戸上選手は明治大学へと進学し、日々卓球の練習に励み世界卓球2022の日本代表メンバーに選出されています。

戸上隼輔のラケット・ラバーなどの用具

【使用用具
・ラケット:張継科 ALC
・ラバー (表面):テナジー05ハード
・ラバー (裏面):テナジー05

戸上隼輔選手の使用ラケットは、張継科 ALCという高い反発力と安定性を兼ね備えた高性能ラケットです。攻撃の威力と使いやすさ、どちらも妥協できないという方にはピッタリのラケットです。

そして、戸上選手は一撃の威力が物凄い選手ですよね。その攻撃力を可能にしているのが硬いラバーテナジー05ハードでしょう。フォアドライブの威力は本当に凄いです。また、バックの一撃も凄く、硬めのラバーテナジー05を使用していることも1つの要因かと思われます。

やはり戸上選手はラケットやラバーの性能を最大限に活かせている選手だと感じますね。

戸上隼輔のサーブ

戸上隼輔選手のサーブは縦回転のサーブを放ち、相手を翻弄することでサービスエースを多くとることが戦略として多いようです。

攻撃型のバランスもよく、サーブも丁寧でラリーにもつなげます。隙あらばコースを狙い相手選手を翻弄します。まさに台上において隙が無い選手と言えます

まとめ

今回は、世界卓球2022で男子日本代表メンバーに選出されている戸上隼輔選手についてご紹介してきました。

中学生時代に自身の卓球技術を上達させるために地元である三重県から山口県の卓球強豪校への転校し、日々練習に励みながら輝かしい実績を積まれてきています。

世界卓球でも間違いなく日本を支える選手の1人でしょう。戸上隼輔選手の活躍から目が離せませんね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次