MENU

猪木寛至の現在の妻子供に離婚結婚!病状や若い頃に本名【アントニオ猪木】

元プロレスラーのアントニオ猪木さんが亡くなったというニュースが入ってきています!

前日には三遊亭円楽師匠が亡くなる報道もされており、訃報が続いている形となってしまいましたね!

そこで今回は、アントニオ猪木こと本名猪木寛至さんの現在や妻子供に離婚歴と結婚歴、病状や若い頃をリサーチしてみようと思います。

目次

猪木寛至の現在と本名

元プロレスラーで、参議院議員としての経験もあるアントニオ猪木さん。彼の本名は猪木寛至(いのき かんじ)さんというお名前でした!

この報道がなかったら本名を知らないという人も多かったのではないでしょうか!それだけアントニオ猪木というインパクトのある名前が定着していましたからね!

猪木さんは難病の「全身性トランスサイレチンアミロイドーシス」という病気にかかっていたそうで、闘病中だったそうです。猪木さんの享年は79歳です!

猪木寛至の妻子供

猪木寛至さんの奥さんやお子さんについて見ていくことにしましょう!猪木さんの最初の奥さんとなったのは、アメリカ人のリンダさんで二人の間に娘さんが誕生しますが、8歳の時に病気で亡くなっています!

次に猪木さんが結婚されたのは、女優の倍賞美津子さんでした!お二人の間には娘さんがいて猪木寛子さんという名前です!

次に結婚されたのが戸倉尚美さんという一般人の方と結婚しており、一成さんという息子さんがいます!

もう一人結婚相手が猪木さんにはいて橋本田鶴子さんという方です!この方との間にはお子さんがいないです!

なので猪木さんのお子さんは息子さんが1人と娘さんが2人ということになりますね!

猪木寛至は複数の結婚と離婚

猪木寛至さんの結婚相手に関して前述しましたね!ここで情報をまとめてみましょう!

・1人目:リンダさんと1964年に結婚
・2人目:倍賞美津子さんと1971年に結婚
・3人目:戸倉尚美さんと1989年に結婚
・4人目:橋本田鶴子さんと2017年2月20日に結婚

となり、猪木さんは全部で4回の結婚と3回の離婚歴があることが分かりますね!

ちなみに最後の奥様だった田鶴子さんは、2019年8月27日彼女が62歳の時に膵頭がんで亡くなられています

猪木寛至の病状

猪木寛至さんが患っていた全身性トランスサイレチンアミロイドーシスという病気は、アミロイドという異常なタンパク質が人体にあるいろいろな臓器にくっついていく、という病気の一つで難病指定されています!

この型の特徴として、心臓にアミロイドがたまっていくとされていて、猪木さんの死因も心不全となっています!

報じられているものを見てみると低血糖で数日前から体調を崩されていたようで、療養を自宅で行っていたとのこと。

亡くなる前日には一度持ち直したようですが、朝には状態が悪くなってしまいご自宅で亡くなったとされています。

猪木寛至の若い頃

猪木寛至さんは、1943年2月20日に神奈川県横浜市鶴見区生麦町で生まれました!

両親はお父さんが猪木佐次郎さん、お母さんは文子さんという方になります!お父さんの佐次郎さんは猪木さんが5歳の時に亡くなられています!

その影響もあったのでしょうね、生活が厳しかったということもあって、猪木さんは13歳の時に家族でブラジルへわたっており、サンパウロの近くで農場生活を送っています

そうした厳しい生活を送っていましたが、砲丸投げで現地の大会で優勝を活躍を見せていた猪木さんは、ブラジル遠征中の力道山からスカウトされる形で日本に戻りプロレスラーとなりました!

まとめ

アントニオ猪木こと猪木寛至さんのトピックを見てきましたが、いかがだったでしょうか?今回猪木さんについて分かったことをまとめてみると、

・アントニオ猪木さんの本名は猪木寛至(かんじ)さんで闘病中だった
結婚は4回されていて、離婚歴は3回ある
・お子さんは全部で3人
・猪木さんの病気は全身性トランスサイレチンアミロイドーシス
・若いころはブラジルの農場で生活していた

となります!ここまでお読みいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次