MENU

三遊亭円楽師匠(楽太郎)の死因死亡は病気肺がん!車椅子や伊集院光の関係は師弟?【6代目/楽太郎】

日本テレビで放送されている笑点でおなじみの楽太郎こと三遊亭円楽師匠がお亡くなりになったというニュースが入ってきています!

亡くなった理由については、肺がんが原因とのことです!プレバトで最近見ていなかったので、どうされたのかと思っていたのですが残念ですね!

そこで今回は、楽太郎こと6代目三遊亭円楽師匠の死因死亡は肺がんだったことや、病気はいつからだったのかと車椅子生活について、伊集院光さんとは師弟関係だったのかについてリサーチしてみようと思います。

目次

三遊亭円楽師匠が肺がんで死去

9月30日づけのニュースで三遊亭円楽師匠が肺がんで、お亡くなりになったということが報道されています!

当初は軽度の肺炎ということで、8月下旬から入院し2~3週間で退院するということが発表されていましたが、実際のところは症状が重かったようで、最近では薬の影響もあったのかせん妄のような症状も現れていたそうです!

円楽師匠は周囲の祈りも届かず30日の午前中に72歳で亡くなられたということです!葬儀に関しては家族葬となる予定となっています!

三遊亭円楽師匠の病気はいつから?

三遊亭円楽師匠の病気はいつから続いていたのか調べてみました!今回の亡くなった直接の原因となっている肺がんに関しては、2018年に9月に初期の肺がんであることを発表されています!

そこから手術を受けられ10月には復帰されていました!ですが肺がんの再発と初期の大腸がんが2020年に見つかってしまいます!

ここまで何度も病気を乗り越えてきており、今回の肺炎に関しては良くなっていたそうで、がんの方の治療を再開した矢先に亡くなられてしまったということでした!ご冥福をお祈りします!

三遊亭円楽師匠の車椅子生活

ここまでは三遊亭円楽師匠のがんに関することについて記述してきましたが、他にも病気が発症しており大変な生活をされていたようです!

2022年に入ったばかりの1月に円楽師匠の異変にご家族が気づいたそうで、病院に行ったところ脳梗塞だったことが判明しており、5月まで入院生活を続けられていました!

その時は無事に退院となりましたが、つえなしでは歩くことが困難となってしまい車椅子を使いながらリハビリ生活を送られていました!その後8月には高座に復帰されており、お元気な姿を見せていました!

三遊亭円楽師匠と伊集院光の関係

今ではすっかりタレント業が板についている伊集院光さんですが、実は三遊亭円楽師匠と関係があるんですよ!実は伊集院さんの芸能活動の出発点となったのは、落語家なんです!高校時代の伊集院さんは不登校でふらふらされていたんだそう。

見るに見かねたのか叔父さんの知り合いの紹介で円楽師匠に弟子入りをしていて、三遊亭楽大として活動されていました。その後師匠には内緒という形でラジオ出演をし始めた伊集院さんは、1990年に落語の世界から離れています!

この時は人気が出て脚光を浴びた形で一門に知られることになり、問題視する声が多く上がったんだそうです!ただ円楽師匠は伊集院さんを破門扱いにはせずに自主廃業という形をとっています!

その後の二人の関係性は変わっておらず師匠と弟子という関係性で円満なものだったようですよ!

まとめ

お亡くなりになった三遊亭円楽師匠に関するトピックを見てきました。今回分かったことをまとめてみると、

・円楽師匠は72歳で亡くなられ、肺がんが原因
・肺がんが最初に見つかったのは2018年9月
脳梗塞になった円楽師匠は車椅子生活をおくっていた
・円楽師匠と伊集院さんは、師匠と弟子

以上になります!天国でゆっくりしていただきたいですね!ここまでありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次