MENU

佐藤瞳(卓球)の手ぬぐいやハーフで北海道函館市出身!尾札部中学校で札幌大谷高校

9月30日から世界卓球2022が中国・成都で開幕します。今年は4年ぶりの団体戦となり、日本代表は男子選手4人(予定していた丹羽選手が欠場)、女子5人の計9人が出場します。佐藤瞳(さとう ひとみ)さんは出場選手の一人で現在ミキハウスに所属しています。

前回団体戦が行われた2018年には準優勝を果たしており、今年も注目が集まっています。今回は、佐藤瞳(卓球)の手ぬぐいやハーフで北海道函館市出身!尾札部中学校で札幌大谷高校といった気になる情報を紹介します。

目次

佐藤瞳の手ぬぐいとは?

佐藤さんについて調べていると「手ぬぐい」という言葉が出てきます。試合で使用していたのかと気になった方もいるかも知れません。調べたところ、佐藤瞳さんという同姓同名の方が手ぬぐい達人としてテレビ番組に出られていたそうです。

お店の広報としてWEBでも活動をされているため気になって検索された方がいたのかも知れませんね。

佐藤瞳はハーフ?

北海道出身の佐藤さん、エキゾチックな雰囲気が可愛いといわれています。その目鼻立ちからハーフなのではと噂になっているようです。調べたところ、ハーフであるという情報は見つかりませんでした

幼少期から北海道に住んで卓球をされていたようです。海外に住んだことがあるいう情報もなかったため、ハーフである可能性は低いのではないでしょうか。

佐藤瞳は北海道函館市出身

北海道函館市で生まれ育った佐藤さんは、小学校2年生の時に地元の南茅部卓球少年団で卓球を始めました。はじめて3年で全道大会で優勝するなど才能を開花させます。

同じく世界卓球に出場予定だった丹羽孝希さん、妹の丹羽美里さんも北海道の出身です。お二人は苫小牧の出身だそうです。北海道はウィンタースポーツのイメージが強いですが、さまざまな競技で有名選手を輩出しています。

佐藤瞳は尾札部中学校で札幌大谷高校

佐藤さんは現在24歳です。中学校は地元の函館市立尾札部中学校に進学し、3年生で全国中学校卓球大会で優勝を果たします。その後札幌大谷高等学校へ進みます。

札幌大谷高等学校は部活動が盛んなことで知られており、卓球部、バレー部、水泳部、フェンシング部は全国大会の参加常連でもあります。佐藤さんは、元日本代表選手である新保富美子さんの指導を受けて実力を磨きました。

まとめ

・佐藤瞳さんの手ぬぐいは同姓同名の方が話題になっていた
・ハーフ?と噂に
・北海道函館市出身
・小学校で卓球を始める
・高校卒業後はミキハウスに

今回は、佐藤瞳(卓球)の手ぬぐいやハーフで北海道函館市出身!尾札部中学校で札幌大谷高校といった気になる情報について紹介しました。初めて3年で優勝を果たすなど、小さいころからその才能が注目されていた佐藤さん。今回もどのような活躍を見せてくれるのか楽しみです。

4年ぶりの団体戦として注目を集めている世界卓球、日本女子の初戦はスロバキアとの予定です。テレビの前で応援しましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次