MENU

スペイン代表の風邪は誰で7人名前でコロナ?スタメンフォーメーション2022も【サッカーカタールワールドカップ2022】

今回はカタールワールドカップに出場するスペイン代表の風邪は誰?なのかや7人の選手の名前やコロナなのか?についてやスタメン・フォーメーション2022ついて紹介します。

無敵艦隊と呼ばれるスペイン代表について詳しく紹介しますのでぜひお読みください!

目次

スペイン代表の風邪で7人の名前

カタールワールドカップで日本代表と同組のグループEにいるスペイン代表。狙うは2010年南アフリカワールドカップ以来となる優勝です。

そんなスペイン代表ですがカタールワールドカップ初戦のコスタリカ戦を前にピッチ外で想定外のアクシデントが起きているとメディアが報道していてスペイン代表が注目されています。

それはスペイン代表カタールワールドカップ本大会登録メンバー26人のうち7名が風邪にかかってしまっているという情報です。

原因は灼熱で知られるカタールの暑さを凌ぐために部屋でクーラーをかけすぎていたことが原因とのことです。

その7名の選手の全ての名前は公表されていませんがFWのアルバロ・モラタ選手とDFのダニエル・カルバハル選手の2名は確実であると報道されています。

スペイン代表はコロナではない?

前述した通りホテルのエアコンをかけすぎたことによる風邪で練習を欠場しているアルバロ・モラタ選手やダニエル・カルバハル選手をはじめとしたスペイン代表の7名の選手たち。

各メディアの報道によりますとこの7人はコロナウイルスによる病気であるCovid-19ではないそうで、通常の風邪だそうです。また、この7人に関しては初戦のコスタリカ戦には間に合うと言われています。

しかし、この7人とは別のニュースで同じくスペイン代表のDFウーゴ・ギジャモンのひざの状態が思わしくなく日本戦を含むグループリーグ3試合を欠場すると報道が出ています。

ウーゴ・ギジャモン選手は元々膝の状態が良くなく膝に問題を抱えながらの今大会の招集となっています。今のところはスペイン代表からの離脱の発表はありません。

スペイン代表のスタメン

本項ではスペイン代表がカタールワールドカップの初戦となるコスタリカ戦にどんなスターティングメンバーで望むのかを筆者が予想してみます。

前述したと通り、スペイン代表の選手7人が風邪をひいている報道やウーゴ・ギジャモン選手が膝の怪我でグループリーグを欠場する報道があります。

とくに風邪をひいている7人の選手が出場に問題はないとしてもコンディション面でどこまで調整できているのかが不透明です。

そんな状況のスペイン代表ですが間違いなくスペイン国内のビッグクラブであるFCバルセロナの選手達が中心とされるメンバーになるでしょう。

以上のことを踏まえて筆者のスペイン代表がコスタリカ戦に臨むスターティングメンバー予想は以下の通りとなります。ぜひ読者の方も予想して比べてみてくださいね!

コスタリカ戦スターティングメンバー予想

GK:ウナイ・シモン

DF:ジョルディ・アルバ、パウ・トーレス、ラポルト、カルバハル

MF:ペドリ、セルヒオ・ブスケツ、ガビ

FW:フェラン・トーレス、モラタ、サラビア

スペイン代表のフォーメーション

スペイン代表の基本フォーメーションは4-1-2-3を主体としています。スペイン代表は相手がどんなチームであろうと自分たちがボールを支配してゲームを進めるプランを立てます。

特にFCバルセロナでも共にプレーし今回のカタールワールドカップでも主力として活躍が期待される中盤3人のペドリ、ガビ、セルヒオ・ブスケツ選手がゲームをコントロールする役割を担いボールを支配します。

また、現代サッカーに対応してボールを支配するだけではなくボールを奪ったから素早くボールを縦に入れて攻撃を仕掛けるショートカウンターのエッセンスをルイス・エンリケ監督が新しく取り入れています。

このショートカウンターが新しくスペインのポゼッションサッカーに取り入れられたことにより攻撃の幅が増えて、スペイン代表の攻撃はさらに驚異となりました。

まとめ

今回は日本代表のグループステージ3戦目で対戦するスペイン代表について紹介してきました。

スペイン代表とは東京五輪で24歳以下の日本代表が対戦して0-1で敗れています。あの時はお互いに24歳以下が主体となるチームでしたがあの試合の出場メンバーは互いに多くカタールワールドカップに出場する予定です。

日本代表にとってはリベンジマッチとなります。カタールの地で日本代表かリベンジを果たす姿を期待しましょう!

本記事をお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次