MENU

イングランド代表が強すぎ強い理由!戦術や監督にカタールW杯で得点量産【ワールドカップ2022】

今回はカタールワールドカップで得点を量産して勝利したイングランド代表が強すぎる件についてや戦術、監督について紹介していきます。

大事な初戦でイングランド代表は6-2でイラン代表に勝利しました。今回はそんな強すぎるイングランド代表について紹介します。

目次

イングランド代表がアジア最強イラン相手に大量得点

日本と同じアジア大陸予選を圧倒的な強さで突破したイラン代表。実際にイラン代表はアジアのサッカー強豪国であり日本代表にとってもアジアで最強のライバルと比喩されることも多いです。

そんなアジアで圧倒的な強さを誇るイラン代表ですが世界はアジアほど簡単ではないんだよと言わんばかりの厳しい結果を見せつけられました。

それはカタールワールドカップグループステージB第1節の対イングランド代表戦で突きつけられました。結果は2-6とまさに大敗。

試合展開も個の争い、戦術面、チームの完成度全てにおいてクオリティの差が明らかに出てくるほどの試合展開でイラン代表にとっては完膚なきまでに叩きのめされたと言っても過言ではない試合となってしまいました。

イングランド代表が強すぎ?強い理由

前述の通りワールドカップにおいて重要な試合である意味合いを持つ初戦で6-2と大勝を飾りこの上ない成績を掴んだイングランド代表。

イングランド代表が強い理由はいろいろありますが1番にあげられるのは自国リーグである『イングランド・プレミアリーグ』が世界一レベルの高いリーグと言われることが多いだけあって日常的にそのレベルで戦っている選手たちが揃っているのが1番の理由でしょう。

世界最高峰のサッカーが常に繰り広げられている欧州においても特別レベルの高いリーグであるイングランド・プレミアリーグ。

そのイングランド・プレミアリーグで日常的に各チームで中心選手として活躍している選手がイングランド代表の26人のメンバーの中で25人です。

唯一の海外組であるベリンガム選手は19歳と言う年齢ながらイングランド代表の開幕スタメンを飾り初戦で値千金の先制点を挙げた選手です。

この世界各国を見てもトップクラスの選手層であること、全選手が日常的に戦っているレベルが世界最高レベルというのがイングランド代表の強みでしょう。

イングランド代表の戦術

イングランド代表がグループリーグ初戦対イラン戦で取った戦術は相手に対して柔軟に変更できると言うのも強みであります。その特徴としてフォーメーションシステムの柔軟性が特徴に挙げられます。

直近の試合からですとイングランドは3-4-2-1や3-4-1-2を基本システムにしていたのですがイラン戦では4-3-3のシステムをとってきました。

これは明らかに『イラン代表対策』がなされた上での4バックシステムの採用だったかと思います。

イラン代表も普段のフォーメーションである4-1-4-1や4-2-3-1からこの試合は5-2-2-1の守備重視のフォーメーションに切り替えてきました。

これはおそらくイングランド代表の縦に速い攻撃に対してや直近の試合で見せていた3バックシステム対策で中央を重点的に固めて守ろうと考えたのでしょう。

しかし、それを見越していたかのようにイングランド代表は4-3-3のフォーメーションシステムを採用して普段よりもサイドの選手がより前目に、攻撃的にプレーできるようにしたことで人が密集している中央ではなくサイド攻撃がしやすくなりました。

また、サイドの前目のポジションにウィンガーが配置されていることでイランDFはウィンガーをケアしなければなりません。そうなった場合にイランDFのサイドケアのポジショニングで中央の密集が緩和されることも狙いだったのでしょう。

実際にイラン代表は試合中には再三サイドからクロスを上げられている場面が多くありました。ベリンガム選手の先制点もサイドからのクロスでしたよね!

イングランド代表の監督

イングランド代表の監督はサウスゲート監督という方が務めています。サウスゲート監督はイングランドのワトフォードで生まれ国籍もイギリス(イングランド)である方です。

イングランド代表監督には2016年9月末から就任しており前回大会のロシアワールドカップから引き続き指揮を取られています。

サウスゲート監督自身も元イングランド代表のセンターバックであったプロサッカー選手であり現役時代はクリスタル・パレス、アストン・ヴィラ(共にイングランドリーグ)で活躍しました。

選手としてワールドカップのけいけんももっていて1998年フランス大会・2002年の日韓共催大会にも参加しています。

イングランド代表は前述した通り相手に対応する柔軟なフォーメーションシステムを駆使しています。これはサウスゲート監督自身が作り上げた努力の賜物と言っても良いでしょう。

サウスゲート監督は前回大会イングランド代表を前回大会でベスト4に導きました。今大会は優勝をイングランド国民から期待されていることは明白です。イングランド代表優勝のためにはサウスゲート監督の力量が問われることは間違いありません。どんな戦術を見せてくれるか楽しみですね!

まとめ

今回は強すぎるイングランド代表について解説してきました。イングランド代表の目標は『ワールドカップ優勝』です。その目標のために順調なスタートを切りました。

これから優勝にむけてイングランド代表がどんな戦いを見せてくれるのか楽しみですよね!注目してみましょう!

本記事をお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次