MENU

西野朗(W杯解説)の今現在年齢に若い頃!妻嫁子供にイケメン現役時代【カタールワールドカップ2022】

今回はカタールワールドカップの各試合で解説を担当される予定の西野朗さんの今現在や年齢についてや若い頃、つまり・嫁・子供についてやイケメンなこと、現役時代について紹介します。

西野朗さんといえば前回大会のロシアワールドカップで日本代表の監督をされた方ですよね!今回はそんな西野朗さんについて紹介します。

目次

西野朗の今現在と年齢

西野朗さんの年齢は1955年4月7日生まれの67歳です。これまでサッカー選手やサッカー指導者として活躍してこられました。今現在は指導者として自分が受け持っていたり働いていたりするチームはなく、現在はフリー指導者となっています。

直近で監督として受け持っていたチームはタイサッカー協会からのオファーでタイ代表とu23タイ代表(23歳以下の選手を対象としたタイ代表)の監督を兼任していたのが直近の監督としての経歴です。

この形はカタールワールドカップ日本代表監督の森保一監督がかつて行っていた東京五輪サッカー日本代表・フル日本代表の監督を兼任していたのと同じ形となります。

前述した通りに現在はフリーの指導者として生活されていますので今大会のカタールワールドカップでは主にサッカー解説者として日本代表を中心としたカタールワールドカップの試合で解説者として活躍されることが決まっています。

前回大会を日本代表監督として経験された西野さんがどのような解説をしてくれるのか注目ですよね!西野さんは主にNHKで放送される試合の解説を担当するそうなので気になる方はNHKで放送されるカタールワールドカップの試合をぜひ視聴してみてくださいね!

西野朗の若い頃

西野朗さんは日本でもサッカーの名所と呼ばれている埼玉県浦和が地元です。サッカーを始めたのは小学生からできっかけは、サッカー所の浦和で生まれ育ったからにはサッカーをやるのは当たり前かのようにサッカーを始められたそうです。

中学校はさいたま市立原山中学校でプレーをしました。高校はサッカーの名門校浦和西高校に進学しました。浦和西高校在学時の高校3年生の頃に全国高校サッカー選手権でベスト8まで進み西野さんはチームで中心選手として活躍しました。

その高校3年生の時に西野さんは日本代表に選出されたそうですが大学受験があるから行けませんということで代表の招集を拒否したそうです。

当時は招集を拒否したことにより日本サッカー協会にすごく怒られたと西野さんが語っています。そんな西野さんは高校卒業後早稲田大学サッカー部に進学します。

早稲田大学在学時にも日本代表に選出されその際には代表活動に参加しました。大学卒業後は日立製作所に入社し同社のサッカー部に入団しサッカーを続けました。

西野朗の妻と子供

西野朗さんは日立製作所のサッカー部に所属していた際に現在の妻となる女性の美佐子さんと結婚をされています。また、美佐子さんとの間には2人のお子さんがいらっしゃいます。

お子さんは男の子と女の子が1人ずつだそうで現在は両者30代ですでに社会人として社会に出ていられるとのことです。両者ともサッカーに関わる仕事はしていないそうです。お子さんの名前はさやかさん、卓郎さんという名前だそうです。

美佐子さん、さやかさん、卓郎さんの顔写真や他の詳しい情報等は一般の方ということもあり有力な情報は見つかりませんでした。しかし、お父様がプロのサッカーチームの監督ということで家族の方が苦労されることもあったでしょう。

そのことから西野さんにとって美佐子さん、卓郎さん、さやかさんの家族の皆さんが陰ながらに西野さんのことをこれまで支えてこられたのは言うまでもないでしょう。家族の存在があってここまでの名監督になられたと言っても過言ではないでしょうね!

西野朗はイケメン

西野朗さんは現役時代その天才肌なプレースタイルやイケメンな顔などが理由となり『プリンス』と呼ばれていました。『プリンス』と呼ばれるだけあって高校生の頃から地元ではイケメン有望サッカー選手として有名でした。

これに加えて西野さんが浦和西高校サッカー部でプレーしている時代には全国高校サッカー選手権でベスト8なったことがきっかけで全国に顔・名前が広まり埼玉の『プリンス』から日本の『プリンス』になったそうです。

これがきっかけで所属していた早稲田大学サッカー部の試合や大学卒業後に所属した日立製作所サッカー部の試合には西野さんを見ることが目的で多くの女性ファンが試合会場や練習場までに足を運んでいたそうです。

67歳になられた今現在でも男らしいキリッとした顔をしてらっしゃいますよね!

西野朗の現役時代

西野朗さんは現役時代は日本代表にも選ばれていた名選手です。代表デビューは当時通っていた大学のサッカー部、早稲田大学サッカー部に在学中のことで大学生でありながらも日本代表に選出されるほど飛び抜けた才能を持っていた選手でした。

現役時代のポジションはMFでプレースタイルは天才肌なプレーが多くテクニシャンやファンタジスタと言われることが多かったサッカー選手でした。現役時代の歴代所属チームは高校時代から浦和西高校サッカー部→早稲田大学サッカー部→日立製作所サッカー部となっています。

西野さんにとって現役時代キャリアハイとなったシーズンの1985年シーズンでは日本リーグにて8試合連続得点を決めてそのシーズンのリーグベストイレブンにも選出されています。

同じく元日本代表監督で現在はJ3のFC今治でオーナーを務めている岡田武史さんは現役時代の西野さんに関して『日本サッカーが誇る天才的な名選手だった。』と称しており、西野さんの現役時代がいかに天才的な才能を持った選手であったことが岡田さんのコメントからもわかります。

まとめ

今回は前回大会のロシアワールドカップで日本代表を率いた監督西野朗さんについて解説させていただきました。

今大会は解説者としてワールドカップに参加してくださいます。

西野さんがどんな解説をしてくれるか楽しみですよね!本記事をお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次