MENU

福西崇史(W杯解説)の嫁妻息子!今現在年齢と若い頃にさわやか893で大田区とは?【カタールワールドカップ2022】

元サッカー日本代表選手であり、現在はサッカー解説者として活動している福西崇史さん。さわやかイケメンのルックスに反してそのラフプレースタイルはさわやか893と呼ばれ注目を集めた選手でもありました。

今回は、福西崇史さんの妻と息子に今現在と年齢、若い頃にさわやか893で大田区についてリサーチしました。

目次

福西崇史の妻と息子

福西崇史さんは、結婚時期について明かしてはいないようですが、2歳年上の妻・直子さんがいらっしゃいます。そして、直子さんの間には、長男・龍太さんと次男・翔太さんという2人の息子がおります。

そして、実は悠斗さんというお子さんも生まれる予定だったそうですが、直子さんが10ヶ月目の臨月に流産で亡くしてしまったと、女性向け雑誌「VERY」で明らかになりました。

お子さんには、幼稚園から体操と水泳を習わせていたようですが、その後すぐに父親の影響もあり、2人のお子さんはサッカーを始めたそうです。

また、福西さんは家族をとても大切にしており、本人も趣味は家族サービスと公言しているぐらいでした。

福西崇史の今現在と年齢

福西崇史さんは、1976年9月1日生まれ46歳 (2022年11月現在) です。

福西さんはジュビロ磐田の黄金期を支えた主力メンバーであり、元日本代表選手として国際Aマッチに64試合出場して7得点挙げたストライカーです。

現在は、サッカー解説者として活躍する傍ら、2022年4月より、早稲田大学院スポーツ科学研究科に入学しました。

福西さんは「サッカーにおけるボランチの役割や重要性、世界に通用する日本人ボランチ像について研究」をしており、1年で修士論文を書くという新たな挑戦をしています。

福西崇史の若い頃

https://twitter.com/mamekichi_nene/status/1257620589243535361

福西崇史さんは、小学校4年生のときに地元・愛媛県新居浜市のサッカースクールでサッカーを始めました。

新居浜工業高等学校在学中にスカウトされ、高校卒業後の1995年春に、ジュビロ磐田に入団。早くも頭角を現し、初年度より数々の試合に出場しました。

1996年に中心的存在となり、2002年には日韓ワールドカップに初出場。戦力の中核をなすボランチとして活躍し、2006年には自身にとって2度目のワールドカップ出場を果たします。

2007年FC東京へ移籍し、さらに2008年には東京ヴェルディに移籍。その後、2009年1月末引退しました。通算成績はJリーグ・カップ戦432試合・70点、日本代表64試合7得点。

引退後はサッカー解説などで活躍しています。

福西崇史のさわやか893とは?

福西崇史さんは爽やかでイケメンな風貌をもちがら、一方で引退後に自身のマネージャーからもイベントの場で現役時代はラフプレーヤーで…と紹介されるほど自他共に認める生粋のラフプレーヤーでした。

パンチ、キック、ラリアットとK-1選手さながらのラフプレースタイルに、福西さんはネット上でさわやか893 (ヤクザ)」「ベビーフェイスアサシン」「磐田の若頭の異名を取って話題になることが多かったようです。

現役引退して解説者になってからもラフプレーについて解説すると説得力があると言われていたようです。

福西崇史の大田区とは?

福西崇史さんを検索すると、大田区というワードがヒットします。

2022年10月10日に第39回大田区区民スポーツまつりが開催され、福西さんがスポーツトークショー&サッカー教室というイベントで講師を務めました。

このイベントは大田区総合体育館で小学生を対象に行われたようで、そのため大田区というワードが一緒に検索されていたのではないかと思われます。

まとめ

今回は、元サッカー日本代表選手であり、現在はサッカー解説者として活動している福西崇史さんについてご紹介してきました。

現役時代はラフプレーヤーとしてさわやか893 (ヤクザ)という異名を取って話題になることが多かった福西さん。現在は46歳になり、サッカー解説者として活躍する傍ら、2022年4月より早稲田大学院スポーツ科学研究科に入学し、ボランチの研究を行っています。

福西崇史さんが今後、どのようなキャリアを歩んでいくか、注目していきたいですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次