MENU

柴崎岳は浦和移籍で日本代表なぜ?今現在スポンサー枠も【カタールワールドカップ2022】

今回はサッカー日本代表でカタールワールドカップ本大会登録メンバー26人にもメンバー入りをした柴崎岳選手について紹介していきます。柴崎選手は冷静沈着にゲームをコントロールするゲームメイカーですよね!

今回はそんな柴崎岳選手について紹介します。

目次

柴崎岳は浦和移籍の噂?

鹿島アントラーズから海外移籍を果たし長年スペインで活躍し続け、その間にワールドカップを2大会経験している柴崎岳選手Jリーグへの電撃復帰の噂が近頃流れています。

柴崎選手の年齢は現在30歳ですので年齢的なことを考えると十分にJリーグに電撃復帰をする可能性がある年齢に差し掛かっていることは間違いないです。

電撃復帰を実現するために柴崎選手に向けてオファーをしているクラブは国内でも有数の人気クラブでありアジア1に2度輝いているアジアのビッグクラブ浦和レッドダイヤモンズ(通称、浦和レッズ)です。

浦和レッズは今シーズンアジア1を決めるアジアチャンピオンズリーグでは決勝進出を果たすなど躍進しましたが国内リーグ戦では結果が出ませんでした。

そんな浦和レッズですが来シーズンのJリーグ優勝そしてアジアチャンピオンズリーグ優勝に向けて今冬目玉となる補強として柴崎選手の獲得に向けて動いているそうです。

他にも国内には柴崎選手の古巣でもある鹿島アントラーズがいるので柴崎選手に国内復帰の意志があると聞きつけた場合には鹿島アントラーズもオファーをする可能性はあるかと思います。柴崎選手が日本に帰ってくるのかどうかもワールドカップ終了後注目ですね!!

柴崎岳が日本代表の理由はなぜ?

日本代表は監督含め選手たちへの注目度が高いため様々な批評が多いのは仕方ありませんよね。そんな中でも近年話題になっているのが柴崎岳選手が日本代表に選ばれているのはなぜか?というのがあります。

柴崎選手はロシアW杯終了後に発足した森保ジャパンに頻繁に招集されていて現在に至ります。森保ジャパン発足当時はスタメンに名を連ねることがほとんどでしたがカタールワールドカップアジア最終予選での致命的なミス以降システム変更も重なり現在までスタメンから外れる試合が多くなっています。

ですがそれまでと変わらずコンスタントに森保ジャパンに招集されています。森保一監督の現役時代のポジションは柴崎選手と同じのボランチです。これだけコンスタントに変わらず招集し続けるのは同じボランチのポジションの選手として見た時に森保監督は柴崎選手の才能に惚れているのでしょう。

また、森保監督は戦術的なマネジメントはもちろんですが他にもチームマネジメントも仕事の1つです。柴崎選手はサウジアラビア戦まで絶対的な主力として活躍していましたがそれ以降はスタメンを外れ普通であれば不満な態度などが出てしまうでしょう。

ですが柴崎選手は状況受け入れチームで12番目以降の選手として平然と振る舞いチームを盛り上げたそうです。そのようなエピソードもあり森保監督はチームマネジメントする上で柴崎選手の人間性の部分も重宝しているのかもしれませんね!

柴崎岳はスポンサー枠?

柴崎岳選手カタールワールドカップメンバー入りに関して近年の柴崎選手森保ジャパンでのパフォーマンスや所属クラブレガネスのリーグランクパフォーマンスを評価した時に多くのファン・サポーターから疑問視をされている声が多くあります。

その中でも柴崎選手がメンバー入りした理由は近年噂されている公益財団法人日本サッカー協会にスポンサーしている企業の意向が考慮されてワールドカップメンバー入りを果たす『スポンサー枠』なのではないか。と言われています。

本項では2つの説をまずは紹介します。1つ目は、番号10の選手がアディダス契約選手では行けなくて尚且つ日本代表メンバーに必ず選出されなければいけないです。


次にスポンサー企業の推しによる選出です。柴崎選手が背負っている番号は前述通り7番です。この番号は歴代の中心選手たちが日本代表で背負ってきた看板選手となる選手が背負う番号です。

それだけ重要な背番号を背負っている柴崎選手が落選となってしまうとスポンサーの会社が難色を示す為選出されたという根拠からこの説が一部の方で囁かれています。

これらの説をトータルにして筆者の意見としては柴崎選手は『スポンサー枠』での選出ではないと予想しています。

背番号の説は背番号が違うこと、スポンサー企業の推しでの選出は柴崎選手は4年間を通して森保ジャパンに招集され続けていて最初はスタメンを張っていましたがアジア予選のサウジアラビア戦の致命的なミス以降システム変更なども重なりスタメン出場は少なくなっています。

この状況は今に始まった状況ではなく、スポンサー企業は判断を変える時間は十分にありました。そのことからこの1年ベンチを温めることが多い選手をスポンサー企業がわざわざ推し続ける必要がないと筆者は考えます。

柴崎岳の今現在

柴崎岳選手は現在スペインリーグ2部のレガネスというチームに所属しています。レガネスに所属するまでのチームは柴崎選手が世に名前を知らしめた高校生時代から紹介すると

青森山田高校→鹿島アントラーズ→CD テネリフェ(スペイン)→同日本代表て久保建英選手も所属したヘタフェ(スペイン)→デポルティーボ(スペイン)となっています。

柴崎選手鹿島アントラーズ時代のFIFAクラブワールドカップでの活躍や日本代表選出等の実績が評価され海外に移籍以降、スペインのクラブに長年滞在してプレーしています。

スペイン滞在が長い為、地元メディアのカタールワールドカップメンバー選出のインタビューにもスペイン語で対応するなどしています。

柴崎選手の最近の活躍ですが今シーズンはスペイン2部リーグで戦うレガネスにて多くの試合に出場して主力として活躍しています。

今シーズンのスタメン出場の確率は67パーセント(記事執筆時)の数字を誇っていて柴崎選手が定期的にチームの主力選手として活躍していることが分かる数字となっています。

まとめ

今回は前回のロシアワールドカップからコンスタントに代表招集されている日本を代表するサッカー選手柴崎岳選手について紹介させていただきました。柴崎選手にはプレーはもちろんですが前回大会経験者としてチームにその経験を還元してほしいですよね!

本記事をお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次