MENU

冨安健洋怪我でカタールW杯出場できる?代わり代役は誰で具合は?【ワールドカップ2022】

今回は今現在世界において日本人選手で最も認められている現役サッカー選手であろう冨安健洋選手について解説します。

富安選手イングランドの名門クラブアーセナルに所属している選手です。

今回はそんな富安選手について紹介します。

目次

富安建洋が怪我

森保ジャパン2022年11月1日にカタールワールドカップに臨む本大会登録メンバーの26名の選手を発表しましたがその後数日間も経たないうちに怪我人が続出しています。

その中でもイングランドプレミアリーグの世界的名門クラブのアーセナル所属している冨安健洋選手カタールワールドカップメンバー選出直後の試合のヨーロッパリーグにて後半から途中出場した際に右のハムストリングをの違和感を主張して途中交代しました。

森保ジャパンにとっては富安選手は間違いなくDFの超中心選手であるので富安選手がもしワールドカップ本戦に出場できなくなるとしたらかなりの痛手となります。

日本のサッカーファンからは冨安選手の怪我の具合やワールドカップに出場できるか否かの心配点不安の声が続出しており富安選手のワールドカップに向けた進退に注目が集まっている形となっています。

富安建洋は今の怪我でW杯出場できる?

冨安健洋選手の怪我の具合については既にカタールワールドカップに向けての情報戦が始まっているため、詳細は世に公表されていません。

ただ、所属するアーセナルのスペイン人監督ミケル・アルテタ監督が試合後の記者会見で冨安選手自身が右ハムストリングに違和感を交代させたと言うコメントを残しています。

ミケル・アルテタ監督自身も試合終了直後ということもあり怪我の具合がわからないとの見解を述べていました。

富安選手の所属するアーセナル世界でも有数のビッグクラブで所属選手には世界最高峰の選手たちが所属しています。

ですので日本サッカーファンからするとワールドカップによる中断までの残りのアーセナルでの公式戦ではプレーせずにワールドカップに向けて調整して欲しいと言うのが本音ですよね。。。

富安建洋の怪我の具合は?

冨安健洋選手の怪我の具合に関しては前述した通りにカタールワールドカップ出場国の中で情報戦が行われているために公には公表されていませんしこれからもワールドカップ開幕までは公表されることもないでしょう。

実際に大会前から怪我をしている浅野拓磨選手や板倉滉選手の怪我の情報も公には公表はされておらずピッチ外での情報戦がすでに始まっていることを予感する現象が起こっています。

富安選手はコロナウイルスのパンデミックの影響で過密になった所属クラブでのスケジュールに加えて代表戦や東京五輪などにも参加していた時期から過密スケジュールをこなしていた影響で怪我ガチな状態が続いてしまっています。

実際に東京五輪でも怪我を負いながらメンバーに選出されていたグループステージの2試合やメダルを掛けた準決勝のスペイン戦でメンバー外となっています。

富安選手の怪我は筋肉系のものが多く筋肉系の怪我は一度患ってしまうとなかなか治りにくいことに加えて癖になりがちです。

富安健洋が出場不可なら代役は誰?

考えたくもありませんが日本代表の守備の要であら冨安健洋選手がカタールワールドカップに怪我の影響で出場不可となってしまった場合を考えていきます。

代役として招集する選手として考えられるのはサンフレッチェ広島に所属する佐々木翔選手やフランスリーグのニームに所属する植田直通選手でしょう。

富安選手森保ジャパンで主戦場とするセンターバックのポジションには同じく怪我人のボルシアメンヘングランドバッハ(ドイツリーグ)に所属する板倉滉選手もいます。

板倉選手も怪我を負っての選出ですで今候補に挙げた植田選手・佐々木翔選手がカタールワールドカップメンバーに追加招集される可能性は十分にあるでしょう。


カタールワールドカップ日本の初戦は日本時間2022年11月23日ドイツ戦です。

一部メディアの報道によるとドイツ戦の事前に行われる最後の試合であるカナダ代表との親善試合に参加できるか否かが怪我人の選手たちを見極めるボーダーラインに設定されていると言う噂があります。

それまでに富安選手を含めた怪我人の選手たちの動向に注目ですね。

まとめ

今回はイングランドの名門クラブアーセナルでプレーする冨安健洋選手の怪我の具合についてやカタールワールドカップに出場はできるのか考察しながら解説させていただきました。

富安選手は日本代表の守備の要であることは間違いないのでぜひ怪我を早く治してワールドカップに出場して欲しいですよね。

本記事をお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次